アーユルベーダの目的や効能について知ろう

近年、多くのエステサロンでは基本的なマッサージ以外にも世界各国の伝統手法を取り入れたり、各地に伝わるマッサージ技術を導入する動きが活発化しています。たとえば大手のエステサロンでは女性に人気の高いハワイ式マッサージの「ロミロミ」を取り入れたオリジナルマッサージを考案したり、古来よりタイ王室に伝わる「タイ古式マッサージ」を導入したりと、他国の伝統技術やマッサージ手法を取り入れる事で顧客の幅広いニーズに応える為の「企業努力」を行っています。

一般的なサロンでは基本的に顧客の身体の状態を見極めた上で、その人に合わせたマッサージをエステティシャンが手技によって行います。しかし、最近ではマッサージ手法も多様化しつつあり、中でもインド伝統のマッサージ法である「アーユルベーダ」を取り入れるエステサロンが増えてきています。

アーユルベーダは身体だけでなく心や魂にまで働きかけながら、ストレス解消や美容効果、健康効果を狙ったマッサージを行います。アーユルベーダの歴史は相当に古く、5000年以上も前から行われていた医療技術として「世界三大医療」のひとつに数えられるほどです。

アーユルベーダの主な施術法としては、特殊なオイルを使って全身にマッサージを施し、血流やリンパの流れを促すことで身体の内側から健康効果や美容効果を目指します。また、痛みの伴わないマッサージにはゆっくりと老廃物の排出を促す効果も期待できるので、体内に溜まってしまった毒素や余計な水分などが取り除かれる事で「むくみ」などを改善する事が出来ます。