マッサージサロンとエステは何が違うの?

巷ではよくマッサージサロンやエステティックサロンという名称をごちゃ混ぜにして使っている人が居ますが、正確にはこの2つは「まったくの別物」というのが本当のところです。両者にはそれぞれの特徴がありますし、マッサージサロンとエステティックサロンでは受けられる施術内容や技術も異なります。
マッサージサロンでは基本的に「手技療法」と呼ばれるマッサージが行われます。その具体的な内容としては、まず最初にマッサージ師がその人の身体の状態や特徴を把握した上で、その人に合うマッサージを手技によって臨機応変に行うというのが基本となっています。このマッサージ師によって行われる手技療法は、筋肉の緊張をほぐしたり血液の循環を促す効果があるだけでなく、リンパなどの体液循環をも活性化させる効果があります。つまり、マッサージには体調を正常化させることで、さまざまな症状の緩和や健康効果を狙うといった目的があるのです。

次にエステティックサロンについてですが、エステでは健康効果を狙うというよりは美容効果を狙って行われるマッサージが多く、フェイスラインをスッキリさせたりボディラインを引き締めるためのマッサージが主に行われています。また、エステティックサロンでは健康効果というよりは「リラグゼーション」を目的としている場合が多く、身体のケアよりも「メンタルケア」や「心の癒し」をもっとも重視しているという点が最大の特徴だと言えます。