痛みを伴うマッサージって身体に良いの?

整体やエステ等でマッサージを受けている人がよく放つ言葉の中に「効く」という言葉があります。この場合の効くという言葉は即ち「痛い」という意味であり、マッサージによって痛みを感じているということになります。エステや整体では身体の状態や特徴に合わせて、プロのエステティシャンの手技によるさまざまなマッサージが行われますが、中でも「足ツボマッサージ」や「指圧」などのマッサージには強い痛みを伴う場合がほとんどです。

一昔前までは痛いくらいのマッサージでなければ効果が薄いと考えられていましたが、全てのマッサージがそうではなく、痛みが無かったり痛みが薄いマッサージでも効果の高いものは数多くあります。しかし、強い痛みを伴う足ツボマッサージや指圧などのマッサージ法にもそれなりの健康効果や美容効果があるのは事実です。特に足ツボマッサージでは内臓へと直接つながる「反射区」が多数、分布しているので、痛みの強い部分を刺激していくことで内蔵機能の不調を回復させたり頭痛や肩こり、腰痛などの改善にも効果を発揮します。

また、エステで行われるマッサージの中にも痛みを伴う施術は幾つかあり、これらの多くは内蔵機能や新陳代謝を改善させることで「身体の内側から美しくなる事」を目的として行われています。そのため、痛みに耐えてマッサージを受けることでダイエット効果や痩身効果などの美容効果を得ることが出来ます。また、美容効果だけでなく体液循環や新陳代謝の活性化などによって、健康的な身体を手に入れる事にも繋がります。