リフレクソロジーの種類と効能について

現代のエステでは定番とされているリフレクソロジーですが、日本では古来より「足裏マッサージ」や「足ツボマッサージ」として伝統的に行われてきた歴史があります。つまり、エステ等で行われている現在のリフレクソロジーは足裏マッサージや足ツボマッサージと同様の効果があり、基本的には美容効果だけでなく「健康増進効果」も同時に狙って行われるのが一般的となっています。

リフレクソロジーとして日本国内で高い知名度を誇っているのは「台湾式」や「英国式」ですが、最近では韓国式や中国式などの様式も出てきており、その種類やマッサージ法は多様化の一途を辿っています。エステで行われるリフレクソロジーは別名「反射療法」とも呼ばれており、足の裏に存在する内臓へと繋がる反射区を刺激する事で各内臓の自然治癒力を高めたり、内臓機能の回復を図るといった施術法になります。

最近では足の裏だけでなく足の甲や側面、更に手に対するアプローチを行うリフレクソロジーなどもあり、その手法や様式は時代と共に進化してきています。リフレクソロジーを受けた人が得られる効果としては、主に「各臓器の機能向上」や「血流の改善や促進効果」、「免疫力の向上」などが挙げられます。また、リフレクソロジーを行うのと同時に経絡系への刺激を加えるとその効果は更に高まります。つまり、リフレクソロジーで足裏への刺激を加えつつ経絡にも圧を加えていけば、より一層の自然治癒力や免疫力を得ることが可能となります。